室町時代に領主・芦名盛久がこの地に別荘を建て、寛文10年(1670)に松平氏二の...

会津芦ノ牧温泉観光協会

会津芦ノ牧温泉観光協会

御薬園

室町時代に領主・芦名盛久がこの地に別荘を建て、寛文10年(1670)に松平氏二の保科正経が薬草園を設けたのがこの地の始まり。

元禄9年(1696)、三代松正容になって遠州流の回遊・船遊式の本格的な借景園を築庭させた。

園内には心字の池が配され、その中央の島には数寄屋造りの楽寿園が建っている。庭樹は500年余りのキャラボクやコウヤマキなどがあり、薬草園は300余種の薬用植物を栽培し、四季折々の美しさ見せてくれる。

昭和7年に徳川の大名型山水庭として国の名勝指定を受け、無休で公開している。